本文へスキップ
消防用設備の設計・施工・保守点検 鈴与技研株式会社

tel

事業内容business

防災設備・弱電設備等建築設備の設計・施工

機械室施工事例 機械室施工事例

自動火災報知設備等の警報設備、スプリンクラー設備等の消火設備、避難滑り台・救助袋等の避難設備等の消防用設備を始め、弱電設備を含んだ電気工事など、鈴与技研は確かな技術力と確実な施工で、安心と安全をお届けします。


泡消火設備
二酸化炭素消火設備
スプリンクラー

消防用設備等の法定点検・メンテナンス

消防用設備は、いつどんな時に火災が発生しても確実に機能を発揮するものでなければなりません。 そのためにも日頃から適切な維持管理が必要です。 消防法第17条の3の3ほかの規定により防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)には、消防用設備等を設置した建物の『年2回の消防用設備の点検』と、所轄の消防署へ1年に1回(特定防火対象物)または3年に1回(非特定防火対象物)の『点検結果の報告』が義務付けられています。

鈴与技研は経験豊かな有資格者(消防設備士・消防設備点検資格者)による丁寧な点検を実施し、非火災報等にも24時間電話応対を行っていますので、いざという時も安心です。

火災報知機の点検
消防設備の点検

防火対象物点検

防火対象物点検 消防届出書類の点検

平成13年の新宿歌舞伎町雑居ビル火災を踏まえて法制化された点検です。 防火管理者選任(解任)届、消防計画等の消防届出書類が適切に行われているか、定められた消防計画の運用が適切に行われているかどうかなど、有資格者(防火対象物点検資格者)が書類や現地の確認、聞き取り調査などを行い点検します。 一定条件の建物には1年に1回、『点検結果の報告』が義務付けられています。

鈴与技研は防火管理上のアドバイスも交えながら、有資格者がプロの目で丁寧にチェックします。


防災管理点検

防災管理点検

火災以外の災害(地震や風水害など)による被害の軽減を図るため、防災管理者選任(解任)届および消防計画などの消防届出書類が適切に行われているか、建物の運用が防災管理者により消防計画に基づき適正に行われているかどうかについて、有資格者(防災管理点検資格者)が点検を行います。 大規模など一定条件の建物の関係者は、その結果を1年に1回、所轄の消防署に報告しなければなりません。

鈴与技研では、複数の目で確実なチェックを行います。


住宅用火災警報器・消火器等防災用品の販売

防災用品などはいざという時に使うものです。もしもの時に使えなければ何の意味もありません。 鈴与技研は、プロの目で厳選した確かな製品をご提案させていただきます。ぜひ一度お問い合わせください。

火災報知機
家庭用消火器
保存食セット